めも

亀山くんを忘れない為に記す

S3 15話 殺しのピアノ

脚本:櫻井武晴

☆5 むにセレクションザベスト

 

言わずもながら知れた名作回。

個人的には、右京さんのピアノよりも、だいすきな吹越満さんがドタイプな役をしていらっしゃっていて、その色気で殺されたのはわたし…?状態でした。右京さんがピアノを弾きたいとワガママを言うシーンの吹越さんのあの鋭い目つき。それはピアノの音以上にわたしに突き刺さり、胸の奥で旋律を奏でている様でした。そう… おまえを殺してやる…と… 

f:id:mentaikomunieru:20170813030510j:image

f:id:mentaikomunieru:20170813030514j:image

初めに犯行現場を見せてから、最後に動機を見せてくパターン。「吹越満」自身が滲み出て消えない彼の演技だからこそ、こういう脚本が映えるんです。

全てにありがとう。そんな回でした。

推しの亀山くんが空気だったのは、まあ、しょうがないよね。許す。